結婚は墓場

M

だよ。

この言葉は、変わらない。

言葉は変わらないけど、捉え方が変わったかな。今までは、結婚なんて、ただの契約で私の自由が奪われ、赤の他人と共同生活をして何するにも相手に多少伝える。自分自身のためじゃなくて、親の為に結婚するって本気で思ってた。だから、結婚すると、私が私じゃなくなる。私らしさがなくなる。でも、子どもも自分の家族も欲しい。子孫は残したいという矛盾。だから結婚は墓場。もうそれ以上何も楽しみはない。DEATH

マカロンは墓場に持っていきたい

自由に生きる。やりたいことをやりたいときにする。旅行に行く。好きなものを食べる、飲む。好きな人と会う。これがしたいだけ。

でも、それって変わらない。結婚は「1人」の墓場。

「1人」の墓場だから、1人になることが終わるだけ。つまり、孤独とさようなら。自由に自分のやりたい事を追求して、その一人称が私から私たちになる。それだけ。そんなふうに考えるようになった私は丸くなったのか。それとも、普通になることを許容したのか。

結婚して家庭を作ることは、とても憧れで、でも家庭に入るということは普通になる、気がして。私らしさがなくなるんじゃないかって。じゃあ、普通って何。普通らしさって何。ブログではじめの方に書いたけど、みんなと同じと思われることが嫌。つまり普通になることが嫌?それは普通になってしまうことで、私が特別な存在じゃなくなってしまうんじゃないかと。特別って何。特別であることで、私はみんなと違う。だから、いいのって思うことで。結局、普通になることが怖いんだよね。私は特別であると認識することでしか、自分の存在意義を認められなかったから。でも、そうじゃない。みんなと同じと思われることと、普通になることは少し違う気がする。

みんなと同じと思われるということは、みんなと同じ意見だということしか主張できない。自分の意見を主張できない側面があると思っていて。

普通になるとは、社会に人に貢献して、働き、そして対価を得て、子孫を残していくこと。人間である以上、これは普遍。

それをこの人となら乗り越えていけるかなと、思うこと。大事なのはそこ。人にどう思われようと、私がこの人と一緒に生きているかどうか自分で判断を下すこと。他人は他人なのだから、この人は・・と思われても、それは他人だから、他人は私の人生を生きれない。みんな適当なんだよ。

世界は綺麗でした。

今日も素敵な1日になりますように。

ありがとうございました。

ブレブレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました