Kigen

M

ローマ字にすると、日本語でなんの意味か想像できないのは、面白い。期限、機嫌、紀元、起源、危言、あとはわかんないな。ローマ字と漢字は一見、全く別人だけど、英語のローマ字と日本語の漢字って繋げると、共通性が見えるよね。それぞれ線が集まると集合体になって、意味が見えてくる。漢字は然りだけど、ローマ字は例えば。inter-とか。何かがクロスしてるイメージになる。他の言語もそうなんだろうか。あああああ。気付けば、もう2020年も5ヶ月経ちました。ええ。今年の目標。内緒。達成できたらお伝えします。

とにもかくにも、題名にしているこれの意味というのは、「機嫌」。

結構前に、イッテQを見た時にみやなんちゃらっていう芸人が言ってたフレーズが、頭に永住している。「自分の機嫌は自分で取る。他の誰にも取れないよ。」彼はたしか、登山をしていたのかな?忘れちゃったけど、とりあえず自分と闘って何かを終えなきゃいけない目標があってでも、その目標が常人じゃあ越えられないような高い壁で、でもお金払ってもらって仕事でこれやってるし、やるしかないと言って、そのフレーズが出たのかな。

なんだか頭に永住しているだけでなく、心の中にもグリーンカードを持っているんだよねえ。今日この頃、毎日ありがたい事に在宅できる環境で、人混みに入るリスクは最小限に抑えられているんだけれども、やっぱり人間は傲慢で慣れるとそれが当たり前になってしまうのよねえ。名付けるなら在宅病。とでもいうのでしょうか。時間の経つ流れが分からなくなり、今日は何曜日だっけ、何のために仕事してるんだっけ、何でこれしなきゃいけないんだっけ、これを本気でやり遂げる意味ってなんだっけ。疑問疑問疑問。お金をもらっている以上、その対価については貢献しないといけないのは当たり前。だけれでも、それ以上の成果を出すには、やっぱりお金をもらっているだけという動機では限界があるのも事実で。いっそ、このまま仕事放棄してやろうか、と何度も思ったよねえ。

my body right now

やっぱり、目の前にあるやりがいがないと本気で仕事をできない。という状態を私自身が作っているのもファクト。結局、今できないという既成事実を作ってしまってるのは、これが本気でやりたいことならできるんだよお。ふんっ。って逃げているだけ。だからこそ、どの仕事でも自分でしかできない付加価値を作れたらいいなあと思うの。

じゃあそんな仕事変えたらいいじゃないって思うのね。今までの経験なら、私はそう思う。自分が嫌ならやめればいい。やりたいことをしたらいい。ただ、なんせ私の機嫌が良くないの。だから、気分が乗らないの。(言っちゃったあああああ)気分が乗らない。なんで。自分ができる自信がないから。そんなの知らねーよ。やりたいならやれよ。(恐)人生は1回きりだよ。これが恋ならいつもの通り徹底的に仕留めるでしょと、いつもなら思うのですがね。

なんせ機嫌が良くないの。なんだか胸がざわざわするの。食べたアイスが美味しくなかったの。好きな音楽のタイトルがわからないの。コロナで夜遊びできないの。そんな時もあるでしょう。だからそんな時は、自分の機嫌が良くないんだなあ。なんだかなあ。しばらく様子見てみよう。もんもん。それでも今日の私は、朝起きて仕事をこなして、ちゃんとご飯を食べて、歯磨きをして、誰も傷つけずに済んだ。素晴らしい。なんて日だ。こんな日常を送れるなんてすごいよ。とでも、伝えておこう。(誰に笑)

1日1日を大切に生きるというのは、何事にも感謝。とか綺麗事じゃん。変な宗教みたいな、ポジティブヤロー。毎日を優等生で生きなくても良くて、ただただ生きているそれだけで十分なんじゃないかな。今日も起きれた、自分偉い!でいいかな笑 うん。よし。これでよしとしよう。もうすこしだけ頑張って自分と向き合うのです。昨日よりもすこしだけ。

何事も緩さが大事なのです。

しかし、口内炎が痛い。

今日もありがとうございました。みなさんが健康でありますように。

HBD mom!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました